FC2ブログ

UNDERCURRENT

洋裁と手作りの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蝶とリボンのバッグ

長いこと寝かせてあったイタリーリネンと、mina perhonenの蝶刺繍のファブリックでバッグを作りました。

IMG_0907_convert_20090724091302.jpg

-------------------------------------------------------
たまこさんのエコバッグ (→作り方はこちら

<変更点>
側面と底パーツ別
持ち手を半分の太さに(内側そのまま、外をなだらかに引きなおす)
持ち手のつなぎ目を移動、リボンで隠す

表地     ひでき 
裏地、芯  アトリエヨネザワ
--------------------------------------------------------

前々からブログで素敵だなーと思っていたバッグの型紙をたまこさんがブログにupしてくださったのでさっそく作らせていただきました。たまこさん、ありがとうございます!!!

表地はウレタンコーティングされたイタリーリネンで、ヘビの型押しがされています。
すごく凝った布で、しかも50cmしかなかったのでなかなか使えずにいたのですが、今回形になってくれて本当にうれしいです。
また色違いも買ってみたい!!(→生地はこちら

IMG_0908.jpg IMG_0916_convert_20090724091541.jpg
そしてこのバッグの注目ポイントは裏地!
先日、ヨネザワさんに布を買いにいったときに運命的に出会ってしまったminaの布です。
なんでこんなところにmina!?!?!?と大興奮!!!
しかも¥800/mという破格のお値段で、全部買って帰ろうか真剣に悩みました。
やっぱすごいよ、日暮里・・・
というわけで、裏を表にして持つのもありかな。

IMG_0909_convert_20090724092617.jpg
中にマチ付きのポケットもつけました。
携帯やお財布も迷子になりません。ほつれてこないので、断ち切りで革っぽくしてみました。


IMG_0911_convert_20090724091451.jpg
サイドにもリボンをつけました。
リボンは結び目のところに非対称のタックを入れてねじったような感じにしました。
ちょっとしたこだわりポイント☆


推奨のフランスアピコ芯を使ったので、しっかりしているのにやわらかくったりでかわいらしい。
すごくすごく気に入ったので、また生地を厳選して作ってみたいです。
大事に使いたいと思います。たまこさん、本当に素敵なパターンをありがとう!!


スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 10:27:12|
  2. Bag
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

おそろい赤ちゃん甚平

娘と近所のお友達におそろいの甚平を作りました。

 IMG_0863_convert_20090724090825.jpg

-------------------------------------------------------
上 サンフィットパターン 赤ちゃんじんべい 70~80
下 「あかちゃんの服、てづくりの服」より パンツのパターン 80

生地、レース  母とおばあちゃんにもらった在庫品
          (ポケットレースのみ、アトリエヨネザワ)
--------------------------------------------------------

おばあちゃんも母も布を買って私に押し付けるのが好きなので、我が家は在庫布だらけなのですが、(正直ちょっと迷惑です・・・)今回はかわいく形に出来たのでうれしいです。

赤ちゃんじんべいのパターンは母がBOOK OFFで買ってきたもので100円だったそうです。すごいなー!!
直線縫いだけだったのでささっと出来ました。

IMG_0867_convert_20090724092320.jpg IMG_0866_convert_20090724092228.jpg

内側はゴムとボタンで留める使用になっていて、便利。
こだわりポイントはボタンを柄とあわせたところと、ポケットのレース。
袖切り替え部分とパンツの裾のはしごレースもかわいいです。
肩上げのみ手縫いで仕上げました。

昨日は近所で花火大会があったので、早速おそろいでパチリ。

IMG_0894_convert_20090724091143.jpg IMG_0898_convert_20090724092453.jpg

上の写真を見ていただけるとわかるかもしれないのですが、この柄は我が家のじんべいざめのぬいぐるみとおそろいにしたくてチョイスしたものなのです。かなり自己満足♪

最後にうちのバルコニーから見えた花火。夏ですなあ。
IMG_0886_convert_20090724092357.jpg
  1. 2009/07/24(金) 10:00:33|
  2. こども服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花柄シャーリングブラウス

anneecotton* のシャーリングブラウスBlugoを作りました。

IMG_0862_convert_20090716153807.jpg


-------------------------------------------------------
anneesicotton*  シャーリングブラウス Blugo

着丈 -3cm
袖丈 -15cm
袖シャーリングなし、裾にシャーリング
袖口、襟回りにレース

生地、レース  アトリエヨネザワ
--------------------------------------------------------

カラー診断後初の日暮里探訪でゲットした布で作りました。
お店で見つけたときは「全部カラーチップに入ってる色!」と喜び勇んで買ってきたものの、家に帰って見てみると「おばさんっぽいかも・・・」と自信がなくなる。

しかし心配をよそに、服にしてみたらバッチリでした☆
やっぱり顔なじみが違うなあ。カラー診断恐るべし・・・
ただ、夏真っ盛りなのに初秋っぽいのが難点(笑)

IMG_0856_convert_20090716154527.jpgIMG_0855_convert_20090716154448.jpg



家にたまたまあったレースを袖口と襟回りに叩いたことで、かわいらしい感じになりました。
コンパクトな丈にしたので普段スキニーに合わせてもいいし、仕事復帰後はスカートとあわせてもいけそう。
なで肩&胸デカな私の体型には大変合ってるようで、トルソーよりも私が着たほうが似合っている。
勝った・・・(こんなことめったにない)
というわけで、とっても気に入りました。

着用は娘が泣いちゃうので省略。残念。
  1. 2009/07/16(木) 15:00:26|
  2. anneecotton*
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラー診断 まとめ

武藤さんから昨日の診断についてのまとめメールが来たので、
自分の記録用にまとめておきます。

■ベストカラー■

優しさと上品さのある、女性らしい色。
優しくエレガントな色、しっとりとした上品な色、さわやかで涼しげな色、
女性らしく愛らしい色が得意。
女性らしい愛らしさとほんのりした色香、優雅さ、品のある高貴さが魅力。
アリスでのメインタイプは「ソフトエレガント」タイプ。
(次はピュアロマ、ラグジュアリーモダン)
奇抜さや下品さのない、女性らしいフェミニンカラーを選ぶこと。

■苦手な色■

軽い色(蛍光色などポップで落ち着かない色)、黄色みの強い色、
きつい色(原色など鮮やかすぎる色、黒みの強すぎる色など)など。
軽すぎる色は色が浮いて違和感を感じる、などの悪影響が出やすくなる。
奇抜な原色系や、蛍光色などには特に注意。
また比較的しっかりしている色もOKだが、あまりに濃すぎる強い色は、
暗く見えたりしやすくなるので、きつさのない色にとどめること。
黄色みの強すぎる色は、顔がくすんで見えたり、赤みが強調されて×。

<各色の説明>

●赤●

赤は派手さを抑えた、女性らしさのある赤を。
青みのあるブルーレッドでは女っぽく、
少し抑えたバーガンディなどの赤では、優しくシックに見える。
ポップな朱赤や、朱赤をくすませたテラコッタは×。

●ピンク●

得意な色。
きれいなピンク、可愛いピンク、エレガントな雰囲気のピンクなどはほとんど似合うが、
特に女っぽいしっとりピンクは、品の良さが強調され特によく似合う。
オレンジよりのコーラルやサーモンよりは、ピンクらしいピンク、青みのピンクが◎。
蛍光気味のピンクやポップなピンクは、浮いて見えるので×。

●オレンジ●

オレンジは、一番の要注意カラー。基本的に苦手
もし着るならば、薄くソフトなオレンジ、少し赤よりのライトな色を。
原色の強いオレンジや、黄色みの強いオレンジは×××。

●紫●

とても得意な色。幅広い範囲で着こなせる。
淡く女性らしいピンクに近い紫や、上品なラベンダー、
女っぽい赤紫系、高貴な深い紫まで、とてもよく似合う。
しっとりとした紫や、色香を感じさせる紫を、品良く着こなせる。
幅広く得意だが、あまりに派手な紫だけは×。

●黄色●

黄色は、柔らかく涼しげな黄色が似合う。
涼しげなレモンイエローや、スモーキーなバニラなどがOK。
ポップな黄色、オレンジよりの真っ黄色などは×。

●グリーン●

基本的に少しブルーよりのブルーグリーン系が得意。
微妙に色が混ざり合ったような色、青磁の色や、青っぽいグリーンなど、
ちょっと神秘的な色が似合う。
蛍光色気味のグリーンや、きつい感じのグリーン、特にはじけた黄緑色系は×。

●ブルー●

とても得意な色。
水色では涼しげでピュアに、涼しげなブルーや、優しさのあるブルーなど、
基本ものからちょっとグレイの入った、アンニュイなブルーも似合う。
ニュアンスのある青系はとても知的で品が良く見える。
少し濃いめでしっかりしたブルーも、凛として見えて◎。
グリーンよりのブルーや、ヴィヴィッドなきついブルー系は×。

●ベーシックカラー●

ベーシックカラーは、涼しげでやさしい色なら全体的に○。
女性らしいピンク系ベージュやグレイ、ネイビーなどが◎。
ナチュラルなベージュやオレンジブラウンは×、ピンク系のブラウンが○。

・白・・・オフホワイトやスノウホワイト(黄色みを抜いた白)

・グレイ・・全般的に○、ブルーグレイなどのモダンな印象のグレイが特に◎。

・ブラウン・・ココアブラウンなどピンクベースのもの
       (オレンジブラウンは×)

・ベージュ・・ピンクベージュなどピンクベースのもの
       (黄色みを強めないベージュが○)

・紺・・・・基本的に○、少しおさえたソフトネイビーが◎

・黒・・・少しおさえた墨のようなソフトな黒の方が◎


■配色について■

全体に優しく品のいい色が多いので、比較的失敗は少なく、色合わせはあまり難しくはない。
ただ、似たような色だけでまとめてしまうと、おとなしすぎたり、寂しい感じになってしまうので、
色味を少し増やすようにすること。
少し複雑さを出すと、オシャレ度も似合い度も上がる。
少し濃いめの色では、シックな色でたおやかな、大人の雰囲気も出せるが、
全体を暗い色でまとめてしまうと、重くなる事があるので、優しい所で止めること。
きつさや奇抜さが出る組み合わせは苦手なので、黒と赤など、強い色同士の組み合わせは×。
片方が強い時には優しい色で柔らかくすると良い。

色の組み合わせに慣れてきたら、セオリー通りではなく、
ベージュ系にラベンダーを合わせたり、ココアブラウンにシックなブルー、
グレイにバニラなど、少しひねりのある配色にすると良い。
また、しっとりした和服のイメージ、品のある色香を感じさせるような組み合わせも似合う。

■小物について■

ベーシックカラーでは、
春夏・・・オフホワイト、薄いグレー、ピンクベージュ、パルテルカラー全般などのさわやかな色味、
秋冬・・・少し濃いグレイ、ココアブラウン、紺系、ワイン系、黒
があわせやすい。
シックで大人のセンスを感じさせる小物が◎。
少しコンサバなエレガントラインが○。コーチやカルティエなど。
素材もハードな感じの革やエナメルなどよりもソフトな革、
やわらかな布や、しなやかな素材の方が○。

■メイクについて■

◎ファンデーション◎

繊細でふわりとしたベースにしてあげると品のよい肌質が強調できる。
リキッドなら必ずパウダーを、ふわっとした感じに仕上がるようにすると○。
色味は、黄色みのないオークルか、ややピンクよりのお色(ピンクオークルなど)が使いやすい。

◎口紅◎

きつくないピンク全般、ピンクベージュなど女性らしいピンク多数
モーブ、ローズ、バーガンディなどおさえた大人の赤系、ワイン系などが○。
逆に、ただのベージュ(ピンク系でないもの)、きつい赤や原色ピンク、
オレンジやブラウンなどは×。
ポップな朱赤やオレンジ、ゴールド系も×。
ラメの粒の大きすぎや入れ過ぎ、グロスのつけすぎは×。
少し抑えめに、上品に、が鉄則。

◎チーク◎

チークもピンク、ローズピンクや、ピンクベージュあたりが○。
あまりきつくつけすぎると、くどくなり×。ほんのりとつけること。

◎アイメイク◎

目元はあまり色を使いすぎず、上品に淡く抑えた方が良い。
シャドウカラーは、グレイやモーブ、カーキ、黒すぎないブラウン
アクセントカラーは、ブルーやラベンダー、ピンクベージュ、シルバーなど
ハイライトカラーは、ホワイトシルバーや、ホワイトブルー、ホワイトパープルなどが使いやすい。
シルバーとセットで、色を使うと上品に仕上がる。

瞼全体に鮮やかな色や、ポップな色を入れるのは避けること。
また、ラメや光り物もできるだけ控えめに。
オレンジ系のブラウンやナチュラル(肌色っぽい)ベージュ、オリーブなどは苦手。
つける際には、グレイや白、水色などで涼しさをプラスすること。

★基本おすすめメイクブランド★
M.A.C、エレガンス、インウイ、ボーデドコーセー、
ポール&ジョー、インテグレート、アユーラ、スティラ、NARS、ディオール、
クレドポーボーテ、ジルスチュアート、など

★夏の新色からおすすめメイクブランド★
エスティローダー、エレガンス、オーブ、RMK、M.A.C、
CHICCA、ローラメルシェ、NARS、コスメデコルテマジーデコ、ベキュア、
スティラ、など


■アクセサリーについて■
シルバーかゴールドだとシルバーが○
それよりも繊細さと女性らしさの出やすいピンクゴールドが◎。
またホワイトゴールドも◎。
イエローゴールドはあまり相性がよくないが小さいものなどなら影響はない。

ジュエリーは、可愛く、女性らしく、上品な石を。
ピンクトルマリン、ピンクサファイア、アクアマリン、ローズクォーツ、アメ
ジスト、ブルーカルセドニー、ラベンダー翡翠、パール、などが◎。
少し濃いめのものなら、スタールビーや、スターサファイア、ガーネットなど、
カボションカットのもの。
ぎらぎらしすぎるタイプのものや、メンズライク、ハードな感じのするものは×。
ダイヤなどきらめきの強い物は、シンプルにごてごてしないように付けること。

■ヘアカラーについて■

ピンクブラウン、ココア、ローズブラウンまたはロゼ、モーブブラウンなど
ちょっとピンクより、または赤みよりのブラウンが◎。
黄色みのつよいブラウンやオレンジブラウン、カッパーなどは×。
また紫がかった落ち着きのある、アッシュココア系も○。



すごく丁寧な内容で驚いた。
忘れてしまっていた部分などもフォローされているし、特に化粧品のブランドなど詳しくないので、仕事復帰の際には参考にしてコスメカウンターに行ってみようかな。

改めてカラー診断の結果を見てみて、基本的に今までのスタイルで間違っていないし、
好きなものが似合うものだったみたいでうれしい。
原色への憧れはあるけれど、シックな色やグレイッシュな色の複雑な組み合わせを楽しみたいと思います。

在庫布の整理をして、新たな計画を立てねば!!!
  1. 2009/07/02(木) 09:46:15|
  2. カラー診断
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラー診断に行ってきました

洋裁ブログを始めるにあたり、一番初めにクリアしないといけないと思われるカラー診断を今日やっーーーと受けてきました!
これで心置きなくブログが始められるわ♪わーいわーい☆

今日は昨日10ヶ月になった娘を初めて託児所に預け、
(スタジオ徒歩1分のところにあって助かりました)
ドキドキで診断を受けてきました。



さて結果は・・・?!



「ソフトエレガント」タイプでした。
一番初めの自己診断通りで、逆に驚いた!!!(どうせ外れると思っていたので・・・)


最初に、淡いピンクのドレープを当てて顔色を見ながら、次に淡いサーモンピンクに変えた時の肌の色の変化にびっくり!!!
明らかに顔色が黄色っぽく変化。
少し濃い色のピンクに変えると顔は少し落ち着いた色になり、輪郭が締まって見え、瞳の色がくっきり濃い色になった。
どちらの色もOKだけど、色の濃淡で顔のイメージが大きく変わるみたい。
薄い色のときは優しくソフトな印象に、濃い色のときはきりっとはっきりした印象になり、自分でも驚き。

緑系では黄味の入った色だと顔色がくすむので注意が必要だそう。
ビビッドな黄緑は顔がくすんでひどいことに・・・
また黄色ではごくごく薄い色か、レモンイエロー以外はNG。

また、赤系は最初から武藤さんに
「このドレープの中にあなたに似合う色はありません」
と言われてしまいました(>_<)
がっかりしていたら
「でもぴったりの色が一色あるのよ。似合う人がほとんどいないから、普段は入れていないけど」
と言われて、奥から取り出されたのが「バーガンディ」。
ボルドーではきつい印象になりすぎるのですが、バーガンディなら不思議としっくり落ち着く感じになりました。

また、カーキを顔に当てたときは肌もカーキも黒ずんだ汚い色に見えました・・・

また武藤さんが丁寧に説明してくれたのですが、私のタイプでは、少しずつ濃い色のドレープに変えていくと、ある程度のところで顔が色に負けてしまうのに、更にもう一段濃い色にするとなぜかまたパッと似合う色になるそうです。
彩度が高いビビッドな色は似合わないけど、更に濃くなって黒に近くなると顔になじむ、というのを実際に緑や青で見せていただきました。
「こういうタイプは珍しいのよ」と診断中に何度も言われて、なんだかうれしいような不思議な気持ち。


<カラー診断のまとめ>

・得意な色  青みの女性らしいエレガントな色
         ピンク、ブルー、紫は濃淡問わず◎
         青みがかった緑、淡いペールグリーン
         レモンイエロー、淡いクリームイエロー
         グレー、および他の青みの色にグレーを混ぜたグレイッシュな色
         茶も黄味がかっていなければ○
         紺○
         黒もマットな質感なら○
         白、白っぽい色全般○

・苦手な色  黄味がかった色全般、ビタミンカラー
         青みの色でも原色系、強い色は顔が負けて×

苦手の色以外は幅広く着こなせるそうです。
ただし、無難に着こなせるだけに気を使わないと野暮ったくなるので要注意!!!


<似合う服のスタイル>

女らしくフェミニンでエレガントなスタイル。

スカート全般◎
パンツはジーンズ、カーゴパンツ等、カジュアルなものは×

ニットはざっくりしたものではなく、カシミアやモヘアを。

襟は衿のあいたオフタートルやドレープネック、カシュクールなど。
丸首、ハイネックは×
Vもあまりきつすぎないもののほうが◎

服の柄は全体で一体感のあるものが◎
花柄は大柄でも小柄でも◎
ただし、小花柄では色のたくさん入ったもの、大柄ではあまり派手でない柄が薄い色のものの方が◎
チェックはギンガムよりマドラスの方が◎
ドットは小さいものが○あまり大きすぎると子どもっぽくなるので×
ペイズリー○
リバティープリントは◎

ラメの入ったもの、子どもっぽいもの、スポーティーなものは浮くのでダメとのことでした。

小雪、木村多江など、和風でしっとりした感じの女性を目指してくださいとのことです。
よし、がんばるぞー!!!


最後に今日のコーディネート

IMG_0826_convert_20090716153632.jpg

個人的にはあまりソフエレっぽくないと思うけど、武藤さん曰く「ばっちりです☆」なんだそう・・・
アクセサリーも天然石の手作りのものですが、ほめていただきました。

IMG_0828_convert_20090716154611.jpg
  1. 2009/07/01(水) 20:23:25|
  2. カラー診断
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。